新卒採用サイト 2020

ENTRY

INTERVIEW

人を知る

社員紹介

TALK02

同僚みんなの人柄がよく
働きやすく、責任感も持てます。

宮崎 恵美

事務職(コンテンツ制作)
2015年新卒入社
福井県立大学 経済学部 経済学科

同世代も多く相談しやすい

 私が志望した理由は先輩や就職センターの方の推薦。大学の先輩お二人が福井コンピュータグループで働いており、「社員皆人柄がいい」とアピールしてくれました。また就職センターでも「とてもいい会社」と入社を後押しされました。

 入社後に、それは事実だなと気づきました。まず上司も同僚も皆話しやすく相談しやすい環境。また私の部署はほとんどが同世代なので気が合う仲間も多く、とても働きやすいです。

制作はチームを組んで進める

 入社以来、「3Dカタログ.com」という自社サイトに登録する建材データの作成を担当しています。3~4人が一組のチームとなり、建材メーカーのカタログ図面を見ながら3Dでモデリングします。各チームのリーダーが作業の割り振りを、サブリーダーが工程・スケジュールを管理するので、複数人体制で作業ができる反面、一人の進捗の遅れがチーム全体に影響するため責任感が養われます。

 私は今1つのチームでサブリーダーを務めていますが、将来は自分もリーダーを担当してみたい。そのためにも一つ一つの業務に全力で取り組むようにしています。

業務で考える癖が身につく

 一番思い出に残っているのは3Dカタログ.comの立ち上げ時です。入社1年目、外注していた3Dデータの確認・登録作業を担当し、サイトオープン日が確定していたので1つ1つの業務の締切をかなり意識しました。大変でしたが、この経験のおかげで常に考える癖がつき、社会人として会社員として成長できたと実感しました。

 当社の3Dデータはほぼプロ向けなので、将来的には「Webショールーム」のように、誰でも気軽に使ってもらえるものになればうれしいです。

就活では自分らしくあるように

 就職活動では自分の個性をしっかりPRするのが大切だと思います。というのも私は就職活動時にいわゆる「ノウハウ本」を大量に買いあさり、そこに載っていた内容を忠実に守った結果、内定がなかなかもらえず苦戦しました。当社の面接時はもっと自分らしさを出して内定をもらえたので、やはり等身大の自分を表現するというのが一番大事だと思いますね。

タイムテーブル

8:50

出社

9:00

メールチェック

9:10

スケジュールチェック

サブリーダーとして現状のスケジュールの把握は一番大切。
ほかのスタッフの状況もしっかり確認します。

9:30

課内ミーティング

11:00

メーカー情報チェック

12:00

昼食

13:00

3Dカタログのデータ更新

17:30

チーム内進捗チェック

18:00

退社

Page TOP